JUGEMテーマ:日常

 

連日マスコミを賑わせている森友学園関連のニュース。

個人的には、ひどすぎるこども園経営者のニュースのほうが心が痛むけれど。

 

話題の「文春」で林真理子さんが、

右系の人はキャラが濃くてフレンドリーだ、と述べていた。

籠池さんご夫婦を見ていると、本当にそう思う。

そして真実が何かはさっぱりわからないけれど、

このご夫婦の連係プレーというか、利害をも含めた信頼関だけはたしかだと感じる。

 

友人のご両親で、奥様がとにかくご主人を立てているご夫婦がいる。

「世間が黒といっても、父が白と言えば白という。うちの母ってそういう人なんだよ」。

友人は半ばあきれつつ、でもご両親への愛情を込めつつそう言っていた。

 

そして籠池さんご夫婦と真逆なのが、総理のご夫婦ではないか。

ご主人の社会的地位が高いから、一般の夫婦のような関係は難しいのかもしれない。

でも、例えプライベートでは仮面夫婦でも、

公の場ではうまく連携しているご夫婦は少なくない。

せめてもう少し、お互いを知るためのコミュニケーションがとれていれば、

問題がここまで悪化しなかったのでは?と思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

 

※写真と本文は関係ありません。無造作にブリキのバケツに放り込んだ草花がすてき。

 

 

 

 

 

占いのご相談でときどき聞くのが、

おつきあいしている相手と連絡がとれない…というお話。

 

どっちを向いても携帯を操作している人ばかりの昨今、

それは「連絡がとれない」のではなくて、

相手が意図的に「連絡をしてこない」のです。

 

特に男性に多いように思うのだけれど、

彼女の存在が重くなったり面倒になると、

自分から連絡をとらずに自然消滅を狙うタイプ。

 

もちろん男性をそうさせてしまう女性側にも、

まったく問題がないとは言えないけれど。

 

誰だって気まずい思いはしたくない。

別れを告げた相手が納得するとは限らないし、

責められたり、泣かれたり、つきまとわれたら嫌だし。

 

でもね、そういう嫌な経験もちゃんとしておくことが、

後々の人生に必ず役立つし、

人としてのステージが上がるように思うのです。

 

ついでに言うと、

自然消滅を企てる男に限って、

彼女がその恋を忘れた頃に連絡してきたりする。

くれぐれも、それを喜んで受け入れないでほしい。

お互いの力関係がますます不均等になり、

女性とっていいことは何もないのだから。

 

偏差値の高い学校を出ていようと、

有名な企業に勤めていようと、

恋のひとつもきっちり終わらせることのできない男に未来はない(と、わたしは思う)。

 

 

 

 

 

 


 

ドラマ「カルテット」の視聴率が高くないのは、

録画して気になるシーンをじっくり観る人が多いから…らしいよと

ヘアサロンの店長が言っていた。

 

昨日観た録画では、

満島ひかりさん演じるすずめちゃんが、

「私の好きな人が、その人の好きな人の顔を見ている時の顔がとっても好きで、

  その人が好きだという人のことも好きなので、とってもしあわせな気分になれるんです」みたいなセリフ。

  もちろん、無理して言っている感満載。

それに対してミッキーカーチスさん演じる勤務先のおじさまが、

「じゃあ、君の“好き”って気持ちはどこへいっちゃうの?」と。

 

テレビドラマでせつない気持ちになったのは、ものすごく久しぶり。

そう、最近ずっと「せつない」って感情を忘れてた。

負の感情かもしれないけれども、大切にしなくてはならない感情。そういう類のもの。

 

 

ドラマを観たあと、角田光代さんの「なくしたものたちの国」を読む。

 

恋愛がうまくいかなくて生霊になってしまった女の子が、

同じく生霊仲間?の男女と夜の歩道橋でおしゃべりをしている。

 

生身の身体ではなくふわふわとしている彼女たちは、

歩道橋の手すりに腰かけて足をぶらぶらさせながら、

眼下を走り過ぎる車の流れを眺めている。

 

そこへ若いカップルが階段を駆け上ってくる。

手にはパンや歯ブラシが透けて見えるコンビニのビニール袋。

ふたりは階段の途中で足を止めてキスをし、再び階段を駆け上る。

 

「あのふたり、恋がうまくいっているんだね」

 

それを見た恋愛不発組?の彼女、彼たちは

生霊になってまで、

今の恋愛にしがみついている自分に疑問を抱き始める。

 

 

 

“好き“がうまく機能している時、日常さえも非日常になる。

ふたりで歩道橋をわたる、コンビニに買物に行く、なんていうありきたりの行動さえ、

“好き”がそこを貫いていればこの上なく煌めく。

 

これは、カルテットの名セリフ「愛しているけど好きじゃない」にも通じるのでは。

 

よく恋愛カウンセラーなどが

夫婦や恋人との関係がマンネリ化したら、

ふたりで旅に行きなさい、外見的な女性らしさを取り戻しなさい…などの

処方箋を下すけれど。

 

“好き“もしくは“恋“は、日常さえも非日常にしてしまうのに対して

“愛“”は非日常さえも日常にしてしまう。

そこには抗えない何かがあるような気がする。

 

話はどんどん逸れていますが

「なくしたものたちの国」は

本棚に長く置いておきたい一冊になりそう。

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

還暦もそう遠くない歳になってきた。

 

それとはまったく関係ないのですが、

いくつか抱えている仕事の案件で、

これはどうなんだろう?

声をかけてもらうのは嬉しいけれど、

果たしてわたしの能力が、

そのプロジェクトの成功に貢献できるか疑問だなぁ、と、

思うものもあり。

 

もっと平たく言うと、

各々のプロジェクトの代表者の意識や考え方に

どうも納得できない部分があり、

このまま進んでいっても、

自分の労力に対して望むほどの報酬が得づらいだろうなぁ、という思いがよぎるから。

 

個人事業主が、

このご時世に仕事を選ぶなんてとんでもない。

オファーがあればなんでも引き受ける、というスタンスの人もいる。

 

わたしも仕事を選ぶほどの立場ではないし、

夫に養ってもらって優雅に暮らせる身分でもない。

いつまで続くかわからない人生の残り時間を

安心して過ごす保険として、健康・仕事・ネットワークは不可欠だ。

 

でもでも。

仕事の内容と最終目標、関わる人たち考え方、費やすエネルギー、報酬、

そして自分自身のコンディション。

そんなものをぐるっと客観視しつつ、仕事を引き受けるようになってきた。

 

これが年の功ってやつかしら?

何よりも、バランスを優先するようになってきた。

 

で、結局あれこれ考えて、

疑問を感じる仕事であれども、

できる範囲で全力で頑張らせていただこう!と、

ぐるっと回って元の位置に着地している、かんじです。

 

※写真は本文とは無関係。好きなフラワーショップさんのディスプレイから。もうすぐバレンタインデーですね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

年明け早々、

「高齢者」として括る年齢を現在の65歳から75歳!に引き上げて、

65歳〜75歳を「準高齢者」扱いにするという案が検討されていると、

新聞の一面に載っていた。

要は70歳くらいまで元気に働いて、

自分の面倒は自分でみてね、ってことか。うーん。

 

高齢化は仕方ないとしても、

少子化はなんとか食い止めてほしいと切に願うこの頃。

年末に行政の仕事で、

仕事と育児を両立中の30代ママたちや、

それを支援する40〜50代上司たちを何社か取材した。

高齢親の介護に追われて、

しばらく頭の中がシニアの課題に偏っていたけれど、

久しぶりに30代の働くママたちと接してその頃の自分の姿が重なった。

今年は、若い世代の応援に頭のスイッチを切り替えていきたい。

 

一方、50歳時点で結婚していない人を基準にした生涯未婚率も、

年々高まっているという。

結婚「しなかった」のか「できなかった」のか。

どちらの表現をするかは各々の事情にもよるけれど、

個人的には、結婚は「自転車に乗れる」とか「逆上がりができる」

みたいなもんだと思う。

結局、自転車に乗れなかった、逆上がりができなかった、

でも暮らし向きに特に不便はない…というようなニュアンス。

ちなみに自転車も逆上がりも、

ある程度の年齢までに習得しないとなかなか難しい。

 

生涯独身の人が増えてそれで潤う市場もあるし、

既婚者の離婚や不倫もよくある話なので、

結婚していても、していなくても、どちらにも一長一短がある。

 

ただ、独身を通す人たちや子どものいない人たちが、

何らかのかたちで次の世代を担う子どもたちを、

育てることに関われたらいいんじゃないかなと思う。

 

日本では養子や里子の制度がとてもハードルが高く、

社会的にもあまりポジティブに捉えられていない。

だから、なんとしても自分の子どもをと思う人が多いのだろう。

でも、そればかりにこだわらなくてもいい世の中になったら…。

 

 

新年早々、まとまらない雑感でありました(汗)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11/23、勤労感謝の日。

地元FM局のイベントに生出演させていただきました。

人気MCの方を、その場で生占い!するという企画。

 

たまにテレビにも出演させていだたきますが、

タロット占いはとにかくぶっつけ本番。

リハーサルどおりにカードが出せるわけじゃないので、

いつもカフェで占っているように、

お相手の雰囲気や無意識を感じながらのカード展開となります。

 

今日はMCの方のトークがとても上手で

リラックスしながらお話ができました。

いい機会をいただき、ありがとうございました!

 

       ☆

 

ところで、個人鑑定の占いは予約制なのですが、

お申込みのお電話を受けたとき、

たま〜に、すごく急いでいる方がいます。

 

今からお願いできますか?とか、今日明日中に、とか。

そういう場合、その方が「冷静ではない」ことが多いです。

 

彼と初デートする、転職の面接に行く、など相談内容はいろいろですが、

冷静に考えれば、前日に占いを申し込まなくても、

もっと前に打診できるんじゃないかなぁと。

それができなかったということは、

あまり好ましくない「何か」があるんです。

 

そして、余裕がない時、切羽詰まった時に考えることは、

あまりいい方向に進まない。

 

そろそろ、手帳を来年度版に切り替えるシーズン。

既に分かっている予定は早めに書き込んで、

毎日、慌てて「何か」をすることのないように。

自分にも言い聞かせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰省した娘と富士山麓へ日帰りドライブ。

 

子どもたちが小学生の頃、家族で出かけた観光スポットへ

20年ぶりくらいに立ち寄った。

「ここ、子どもの頃、来た記憶があるよ」と娘。

 

子どもたちが成人した後、離婚し、元夫が亡くなり、

一般的な?家族としての継続行事がないので、

こういうところを訪ねる機会もなかった。

 

元夫も私もまだ30代だった。若かった。

家族4人、どんな車に乗ってどんな曲を聴いていたのかは、もう思い出せないけれど、

夏の青空や木々の緑、蝉時雨はあの頃も今も何も変わっていない。

 

四季の中で、いちばん、思い出スイッチが入りやすいのはやはり夏休みだと思う。

 

何年か経って、また、ここを訪ねられたらいいな。

今度は、娘や息子たちの未来の家族と一緒に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは図書館で借りた。

タイトルは今流行りの「ブラック」もの??

 

マザコン、モラハラ、DVなど

恋人、結婚相手として避けたい男性のタイプをわかりやすく分類している。

未婚の若い女性向けに書かれているようだ。

 

占い相談にいらっしゃる女性の中には、

それこそ、この本の項目に当てはまるタイプとつきあい、悩んでいる方も多いので、

そんな方にはおすすめの一冊。

もちろん、この彼氏は不良物件だから別れよう…なんて

そんな簡単に割り切れないだろうけど。

 

世の中は、白と黒だけじゃなくて無数の色のグラデーション。

だから、傍から見たら真っ黒クロスケ?みたいなパートナーと

案外、うまくいっている女性もいるはずだ。

 

それにしても「ブラック」って言葉、だいぶ市民権を得てきた。

企業、バイト、彼氏…ときて、やがて「彼女」版もできそうだ。

公私ともに、自分が「ブラック」該当者にならないように、気をつけなくちゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日からリオオリンピック。

だからというわけではないけれど、

世界の「今」を知るのに興味深く読めた2冊。

 

●「絶対貧困 世界リアル貧困学講義」石井光太著

 

世界各地の様々な問題が浮上している昨今に、

この本はとても印象に残った。

 

世界人口約67億人のうち、

1日をわずか1ドル以下で暮らす人々が12億人もいるという。

だからといって、彼らの生活を「可哀想」「気の毒に」…

という画一的な視点だけでは捉えていないのが作者の凄いところ。

彼らは逞しく稼ぎ、恋をし、子どもを産み育てている。

 

そんな現実が淡々と描かれている。

売春婦の人種にもヒエラルキーがある、物売りと物乞いの違いなど、

びっくりするような事実も多かったけど、

驚くこと、知ることから、始まる何かがあるのではないかしら。

 

 

もう一冊は

 

●「990円のジーンズがつくられているのはなぜ?

  ファストファッションの工場で起こっていること」

長田華子著

 

世界の縫製工場といわれるバングラディッシュの実情が

わかりやすく書かれている

 

手先が器用でまじめなバングラディッシュの女性たちは

月給4,000円でH&M、GAP、ユニクロなどの服を作っている。

 

劣悪な環境で働く彼女たちが可哀想、

だからこれらのブランドの服を買うのをやめよう、というのではない。

服が売れなくなれば、彼女たちの生活も困窮してしまうのだ。

 

そしてこれらの大量生産された服は、

大量のゴミと化してそれも社会問題になっている。

 

安価な服を気軽に買う、次から次へと買い替える。

そんなライフスタイルを見直す必要もある。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常
巷では、SNSでいろんなトラブルがあると聞いているが、
自分に近いひとの間でも、
ちょっとしたトラブルがあったと聞いてびっくり。

おいしいものを食べた。
旅行に行った。
○○さんに会った。

そりゃよかったね! おいしそう! 楽しそう!
…で終わればよいのだけれど。

このひと、誰と一緒なんだろう。
わたしは、誘われなかった。
どうして? わたしのことが嫌い?軽く見られている?
ネガティブ妄想がとめどなく広がってしまうと、もう大変。

そのくせ、気になるから、
嫉妬している相手の書き込みをいちいち見てしまう。

一時期、書き込み頻度が異様に高いひとのSNSを意識して見なかったことがある。
いくら親しくても、朝昼晩と頻繁に彼女の思考や行動を知りたいわけじゃない。
それぞれ、興味関心をもつ対象も違うしね。
要は、見たときに心がざわついたり、いやな感情が生まれてきたら、
そのひとの書き込みを見なきゃいいわけ。

でも、嫉妬するひとっていうのは、それができないようだ。
それで、なんだかんだあって、
挙句に、嫉妬される側のひとがSNSをやめたりする。

そして、嫉妬されやすいタイプのひと、というのが世の中には必ずいる。
芸能人だとわかりやすいけど、一般人でもちゃんといる。

おかしなことに?
嫉妬されやすいひとは、誰に対しても嫉妬しない。
逆に嫉妬するひとは、誰かに嫉妬されることがない。
…となると、人としての器は、嫉妬されやすいひと>嫉妬するひと  かなぁ?












 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM