JUGEMテーマ:日常

ラベンダーの季節が始まります。梅雨の時期をうまく乗り越えてくれるといいなぁ。

 

 

たしか昭和が平成に変わる頃、

石原裕次郎さんや美空ひばりさんが亡くなった。

世間は大騒ぎで

彼らと同世代の人たちは悲しみに暮れていた。

しかし、当時アラサーだった私にとってそれは他人事であった。

 

それから30年経って平成が終わる今、

西城秀樹さんの訃報に驚くほどショックを受けている自分がいる。

ああ、同世代のスターが亡くなるってこういう感覚なんだ、と。

 

新御三家がデビューした頃、中2か中3くらいだった。

友達と初めて郷ひろみさんのコンサートに行った。

西城さん、野口さんのコンサートに行ったことはなく、

特にファンだったわけでもないのだが、

YouTubeで当時の曲の動画を見ると、ほとんど全部知っている!

 

中でも特に記憶に残っていたのが「薔薇の鎖」

高校1年の夏。校舎屋上の蒸し暑い部室。

たどたどしく弾いていたマンドリン。

帰りに仲良しの友達と立ち寄った近くのパン屋。

 

長い間閉じたままだった古い記憶の箱の蓋が久しぶりに開いたように、

「薔薇の鎖」を聞いたら

その当時のさまざまなシーンがわぁっと鮮やかによみがえってきた。

 

彼らの歌は、

毎日、テレビやラジオからたくさん流れていたのだろうし、

当時は、近所の商店街やスーパーでも

流行の歌がに流れていた気がする。

 

だから、記憶への刷り込みが半端ないのだろう。

 

新御三家に夢中だった人が多いと思われる昭和30年代前半生まれは、

団塊世代ほど数が多くなく、

あまり脚光を浴びずに生きてきた気がする。

 

でも、今回の西城さんの訃報に

ネット上でとてもたくさんの書き込みがあるのを読んで、

あの頃の時代を思い出すとともに、

同じような気持ちを持っている、

同世代の人たちがたくさんいるんだなぁと思った。

 

今や、音楽もスマホでそれぞれが聞く時代。

街中に、同じ音楽が流れるなんてこともない。

 

時代は大きく変わったけれど、

簡単に過去の映像が見れるタイムマシンのようなYouTubeがあって、

簡単に意見を発することができるネットがあって。

それはそれで、いいのかなぁなんて思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

 

昨日はフジテレビ「めちゃイケ」の最終回を観た。

テレビに限ったことではないけれど、

ビジネスがらみのものは

勢いが衰え始めるとあれこれテコ入れをして、

それでもやはり衰えは止められなくて、

最後にはピリオドを打ちましょう、ってことになるのだろうね。

 

土曜の8時と言えば「全員集合」「ひょうきん族」そして「めちゃイケ」。

昭和後半から平成前半くらいの子どもたち(大人も?)って

みんなが共通の「テレビ時計」を持っていて、

それが今思うと、

人間の生体リズムにとっていいものだったように感じる。

 

今では録画はもちろん、youtubeで古い時代のものも、

いくらでも好きな時に再現できるから、

それぞれの「テレビ(動画)時計」がバラバラだ。

 

 

人は誰でも平等に歳をとって老いていく。

だから、アニメ以外の人気番組が、

いつまでも同じ状態で続くというのは不可能だ。

そう考えると、終わりがあるのはあたりまえのこと。

 

願わくば、次に続く新しいものが、

(それはもうテレビではないのかもしれないけれど)

みんなが一緒に楽しめて、笑えて、明るい話題になるものが、

登場するといいなぁと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

去年の四月に尾道の坂の上から。桜はもう散り始めていました。

 

 

 

最近、足掛け6年くらい続けていた

SNSの使用頻度がぐっと減った。

 

飽きっぽい(汗)性格というのもあるけれど、

最初の頃ほど面白味がなくなったことと、

自分が投稿する労力よりも、

他の人の投稿に目を通して

「いいね」を押したりコメントを書くのに、

思いの他、時間と労力を費やしていたことに気づいたからだ。

 

そして、SNSをほぼ辞めてからの一番の変化は肩こりの軽減!

 

仕事柄、PCに向かって原稿を書く作業が

肩こりの一番の原因と思っていたが、

どうやらそれは違っていた模様。

 

 

・就寝前のスマホでのSNSチェック。

・プレッシャーやストレスが大きかった仕事。

 

長い冬が過ぎてこの2つが軽減されてきたら、

不思議と肩こりの辛さが少なくなってきた。

 

自分なりの勝手な分析だけれど、

SNSで自分のコメントにリアクションしてもらったり、

他の人の投稿にコメントする時って、

だいたいポジティブな言葉のキャッチボールで、

その数分間はちょっとだけ気分が晴れやかになる。

 

だから苦手な仕事や人間関係の課題を先送りしたい時に、

SNSはとっても便利。

でも先送りしても何も解決しないわけで…。

 

私の場合、就寝前にSNSをチェックして

ちょっとだけ晴れやかな気分になるものの、

同時に、目を閉じると

先送りしている仕事のストレスやプレッシャーが押し寄せてきて、

それから身を守るために、肩に変な力を入れて寝ていた。

当然、寝つきもよくないし、朝もすっきりしない。

 

人間のからだとこころは繋がっている! 

今更ながらそれに気づかされた。

 

 

この春、心がけているのは、肩のこらない暮らし。

 

からだもこころも。

日々の暮らしも人間関係も。

停滞しないですーっと流れていくように。

先送りしない。安易な一瞬の楽しさに逃げない(逃げすぎない)。

 

どのくらい実行できるかわからないけれど、

とりあえずここに書いておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

 

 

寒い日々が続いている。

ほとんど雪のない地方に住んでいるが、やっぱり寒い。

 

でもこの1月の小寒、大寒が過ぎると、すぐ立春。

11月、12月の寒さと1月、2月の寒さは感じ方が違うんだよね。

冬至に向かって陽が短くなっていく時期と、

夏至に向かって陽が伸びていく時期の違いだろうか。

 

外に出ると

冷蔵庫を開けた時のようにキーンと寒いのだけれど、

夕方、窓から射す光にほのかな明るさがある。

 

 

20歳になるかならないかの頃、

四季の中で寒い時期がいちばん好き…と言っていた友人がいた。

コートの襟をたてて、背筋を伸ばして北風に向かっていくのが好きなのだと。

彼女の人生前半は向かい風の時期が多かったようなので、そう言ったのかなぁ。

そのときの会話で、初めてトレンチコートなるものの存在を知ったように思う。

 

年末に、庭にムスカリの球根をたくさん植えた。

もう少したてば、

この写真のような色鮮やかなムスカリたちが、あちこちから顔を出すだろう。

 

冬来たりなば春遠からじ、だ。

 

川辺の散歩道に水仙がいっぱい!  まだ枯木立の桜たちもほのかな香りを楽しんでいるのかな。

 

 

1月も半ば。

新年の誓いが、

そろそろ日常の中に埋もれてしまった人も多いのではないだろうか。

 

頂く年賀状や年賀メールに、

よく新年の抱負や目標が書かれているけれど、

「今年も」「今年は」「今年こそ」。

この3つの違いは大きいと思う。

 

今年も…の場合は、現状維持もしくは現実肯定型というか、

このままでいいよね、というニュアンス。

 

今年は…の場合は、今までのままでも悪くはないけれど、

今年はもうちょっと頑張りたい、というニュアンス。

 

そして、今年こそ…の場合は、

毎年、願ってはいるもののなかなか叶わない夢や目標への、

新年恒例の意思表明というか。

 

対人関係を例にとると、

今年も相変わらずよろしく…と書くのは、

日常的におつきあいのある相手。

 

今年はもっと会うようにしましょう…と書くのは、

そこそこご無沙汰している相手。

 

そして、今年こそ再会を…と書くのは、

最後に会ったのがいつなのかかわからないくらい、

時間の距離が空いている相手。

 

もっとも、「今年こそ〇〇したい」が時に叶ったりもするから、

人生は楽しいんだよね。

 

今年こそ! ブログの更新頻度を上げよう(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

若手の人気女優さんが

人気グループの男性と入籍&妊娠というニュースが流れた。

 

ネットに書き込まれた多くの匿名コメントを見る限り、批判的な声が多い。

 

元ヤンキーだからやっぱりね。

次の主演ドラマが決まっているのに無責任だ。

彼女の立場を理解せずに妊娠させた男性も、大人としてどうかと思う。

事務所との契約違反じゃないのか。

 

たまたまのタイミングか、

明日は皇族の方の婚約発表ということで

テレビで皇室の方々の結婚当初の映像が流れていたが、

天皇陛下ご夫妻も秋篠宮ご夫妻も23〜25歳くらいで結婚されているのね。

 

一般人と特別な方々を同様に考えるわけにはいかないが、

20代半ばの社会人が結婚して子どもを産むことが、

赤の他人から批判される世の中って何かおかしいと思う。

 

ビジネスの側面から、

ペナルティーがあるのは仕方ないかもしれないけれど。

 

仕事のため、キャリアのためにと結婚出産を先延ばしにした結果が、

不妊治療、マタハラ、高齢出産、育児と介護のダブルケア…など、

さまざまな問題を生んでいる。

※「問題」と書いたのは、

 いずれも手放しで歓迎できない一面を抱えている現象だからだ。

 

若い女優さんが、この先、母になって仕事が減って…。

その先のことはわからない。

もしかしたら、30歳くらいになったとき、

シングルマザーになって仕事に復帰するのかもしれない。

それでも30歳。なんだってできる。

 

キャリアのためにと、結婚も子どもも諦めて、無我夢中に進む人がいるのもいい。

でも、結婚したいから、子どもを産みたいからと、

若いうちにいったんキャリアを諦める人がいるのも、当然なことだし、

何も責められることではないとわたしは思う。

 

自分自身が20代半ばで子どもを産み、

その後、少しまわり道して今の立ち位置にいるから、なおさらそう思う。

 

結婚も妊娠も、自分にとって都合よくできるものではない。

それが、いつの頃からか、

自分の人生の軸を作るための?キャリア?というようなものが最優先になり、

そのあとで、結婚したければ婚活、子どもが欲しければ妊活すればいい。

そんな風潮が強くなっているのが、引っかかる。

 

 

人生は、いつだって自分の都合のいいようには回らない。

だからこそ、面白いと思うんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

個人的なことだが6月はいろんな記念日が集中している。

12日が父の命日、25日が今夫の誕生日、26日が前夫の命日、27日が前夫との結婚式。

そして今年の6月は1日に母親が高齢者施設に入所した。

 

ここ2年ほど仕事の量が増えて責任も増し、

もともと好きな仕事なんだけれども、

それでも、いっぱいいっぱい感はあった。

 

それと歩調を合わせるように

母親の老化が進み

(もう91歳だからあたりまえといえばあたりまえ)

ちょうど2年前から同居を始めたこともあり、

母にまつわる「すべて」が私に押し寄せていた。

 

正直、子ども時代の母親像について、

いい思い出と嫌な思い出を天秤にかけたら嫌な思い出のほうが多い。

 

父やその親戚を常に見下し、

自分の不遇さ?を常に他者のせいにする。

ひとり娘の私はそんな母親の愚痴の受け皿だった。

 

そんな状況から早く抜け出したい気持ちもあり、

24歳で結婚して夫の両親と同居した時、

なんて明るくて楽しい家族なんだろう! と思った。

世の中にはこんなにオープンでざっくばらんな家族、親戚関係もあるのだと驚いた。

 

その後、子どもたちが独立して前夫と離婚。

それから今の夫と再婚することになるのだが、

その時に、20年以上離れて暮らしていた母親と父親のことが頭をよぎった。

 

当時、彼らは70代半ばくらいだったか。

古くて狭い家で、しかし今思えば、

地域のコミュニティの中でそれなりに楽しく暮らしていた母親は、

「こんな古い家で死ぬのはいやだ。

 もう歳だから夫婦二人の暮らしは心配だ」と私に何度も言い続けた。

 

その訴えを真に受けた?のが、

重苦しい10年のはじまりだった。

 

夫と私の住まいの近くに両親を呼び寄せ、

買物や病院通いは私が引き受ける暮らしが始まった。

それでも2年前までは別居していたし父も存命だったから、

今ほどの勢いで母親が私にのしかかってくることはなかった。

 

この2年間、常に同居している母親のことが頭から離れなかった。

当初はまだスーパーやショッピングセンター、美術館などに連れだし、

少しでも楽しい時間を過ごしもらおうと努力した。

 

そのうちに足腰も弱ってきて、

しかし愚痴や文句を言う口だけは老いることなく、

デイサービスにも難癖をつけていかない日が増えてきた。

 

仕事や何やかやで外に出ると、

帰りには、お菓子や雑誌など、母親が喜びそうなものを必ず買って帰る。

でも、ひとことふたこと話して、つじつまの合わない愚痴や文句を聞くと、

もうそこに居るのが嫌になる。

 

友達や夫と遊びに出かけても、

どこかで母親を置き去りにして、自分だけ楽しんでいるのが悪い気になる。

そんな罪悪感、全く持つ必要がないと頭ではわかっていても、

目の前に、若い頃と変わらない勝気な気質を持ち、減らず口を叩くものの、

若い頃とは比べる術もなく老いぼれた姿の母親を見ると、なんともいえない気持ちになる。

 

いつまでこの暮らしが続くのだろう…と考える頻度が、

知らず知らずのうちに増えていた。

 

幸いにして仕事は順調で、

自営業で年金が心もとない世代ゆえに、

60代半ばまではきちんと働きたいと思っていた。

 

しかし、このままでは自分が追い詰められてしまう。

まさか、自分がこ母親のことでこんなに蝕まれるとは思ってもいなかった。

 

 

母親が施設に入って一週間。

今のところ、施設の人たちを困らせている様子はない。

 

私のほうも、一日一日と心身が軽くなってきているのを実感している。

昨日、久々に訪ねた気功系マッサージ師の知人から

全身の関節がガチガチだったけど、

もう、ひとやま超えて新しいエネルギーが湧いてきているね。力強さを感じる。と言ってもらった。

 

今日は別件で、若い方とお話する機会があり、

育児や家族の問題が少し落ちついて、やっと自分の時間ができたという彼女に

「その時間を使って、今から、自分自身を取り戻すんだよ」とアドバイスをした。

 

そのアドバイスは、まさに私自身に言っていることだ。

 

愛し、憎しみ、罵りあった母親と自分のこの2年間の濃密な関係に、

ひとつのピリオドを打とう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

演歌歌手の藤あやこさんが

20歳以上歳の離れた(年下)男性と再婚するというニュース。

年齢差はさておき、お相手の職業がマッサージ関係?とか。

 

その記事の隅っこに、

松田聖子さんも以前整体師とつきあっていた。

身体に触れる職業の男性はモテるのか??の一文。

 

エステサロンを経営していた友人が

人は肌や髪に触れられると心をさらけだすのよ、的なことを言っていた。

 

ひと昔前ならそれはイケメンの美容師だったかもしれない。

キムタクが主演のドラマ「ビューティフルライフ」が流行った頃。(古い)

 

時は流れ、以前よりもストレスの多い現代社会。

仕事や家事で疲れている女性たちが求めているのは、

体の根本から癒しを与えてくれる整体師やマッサージ師なのかもしれない。

 

ちなみに、わたしは、知人の女性マッサージ師さんのお世話になっている。

彼女のところで雑談する時も、

「同業の男性はホントにモテるんだよね。なんでだろう〜」というぼやきをよく聞く(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

連日マスコミを賑わせている森友学園関連のニュース。

個人的には、ひどすぎるこども園経営者のニュースのほうが心が痛むけれど。

 

話題の「文春」で林真理子さんが、

右系の人はキャラが濃くてフレンドリーだ、と述べていた。

籠池さんご夫婦を見ていると、本当にそう思う。

そして真実が何かはさっぱりわからないけれど、

このご夫婦の連係プレーというか、利害をも含めた信頼関だけはたしかだと感じる。

 

友人のご両親で、奥様がとにかくご主人を立てているご夫婦がいる。

「世間が黒といっても、父が白と言えば白という。うちの母ってそういう人なんだよ」。

友人は半ばあきれつつ、でもご両親への愛情を込めつつそう言っていた。

 

そして籠池さんご夫婦と真逆なのが、総理のご夫婦ではないか。

ご主人の社会的地位が高いから、一般の夫婦のような関係は難しいのかもしれない。

でも、例えプライベートでは仮面夫婦でも、

公の場ではうまく連携しているご夫婦は少なくない。

せめてもう少し、お互いを知るためのコミュニケーションがとれていれば、

問題がここまで悪化しなかったのでは?と思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

 

 

※写真と本文は関係ありません。無造作にブリキのバケツに放り込んだ草花がすてき。

 

 

 

 

 

占いのご相談でときどき聞くのが、

おつきあいしている相手と連絡がとれない…というお話。

 

どっちを向いても携帯を操作している人ばかりの昨今、

それは「連絡がとれない」のではなくて、

相手が意図的に「連絡をしてこない」のです。

 

特に男性に多いように思うのだけれど、

彼女の存在が重くなったり面倒になると、

自分から連絡をとらずに自然消滅を狙うタイプ。

 

もちろん男性をそうさせてしまう女性側にも、

まったく問題がないとは言えないけれど。

 

誰だって気まずい思いはしたくない。

別れを告げた相手が納得するとは限らないし、

責められたり、泣かれたり、つきまとわれたら嫌だし。

 

でもね、そういう嫌な経験もちゃんとしておくことが、

後々の人生に必ず役立つし、

人としてのステージが上がるように思うのです。

 

ついでに言うと、

自然消滅を企てる男に限って、

彼女がその恋を忘れた頃に連絡してきたりする。

くれぐれも、それを喜んで受け入れないでほしい。

お互いの力関係がますます不均等になり、

女性とっていいことは何もないのだから。

 

偏差値の高い学校を出ていようと、

有名な企業に勤めていようと、

恋のひとつもきっちり終わらせることのできない男に未来はない(と、わたしは思う)。

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM