JUGEMテーマ:日常

各界で
活躍している人の自伝やインタビューを読むと、
若い頃に海外をパックパッカーで旅したとか、
ヒッチハイクで移動したという話がけっこう多い。

社会に出て頭角を表す人は
やっぱり度胸が座っていて
行動力があるんだなあーと思っていたが、
最近、どうもそれだけじゃないように感じる。

というのは海外で事件に巻き込まれて命を落とす人も、
決して少なくない、からだ。

痛ましい事件が起きると、
そんな危険なところへ行くなんて無茶だ…とか、
危機管理意識が低かったのでは…という声が出る。

大胆な行動をとって、それがうまくいけば武勇伝になり、
そうじゃなければ認識が甘い…と批判されてしまうのは、
どうも腑に落ちない。

危険をうまく回避できるのは
たぶん、その人がもって生まれた強運が味方していると思う。
また、そういう人は
強烈なエピソードを言葉や文章にするのもうまいから、
読む側は、面白おかしく武勇伝を読み、
じゃあ自分もやってみよう!と、
簡単に考えてしまうこともあるんじゃないか。

よく、バラエティ番組などで
「よい子のみなさんは真似をしないでください」と文字が出る。
面白おかしく旅の武勇伝を書ける強運な人たちは、
あれと同じように
「自分は強運に恵まれて素晴らしい体験をしましたが、
 これはすべての方にお勧めできる冒険ではありません」と
  どこかに但し書きをしてほしいくらいだ。

最近は、FB上でヒッチハイクの旅模様を中継している人もいる。
彼が強運なタイプであることを心から願っている。













 

この記事のトラックバックURL : http://blog.runaword.jp/trackback/91

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM