美人の相談者さんと恋愛ネタの会話をした。
「イケメンでかっこよくて人気者の彼とつきあいたいです!」
うん、その気持ちはわかりますが。

顔のつくりはさておき、
性格面でふたりとも華やかな人気者、主役タイプというのは、
うまくいかない確率が高く感じます。

それは世の中が陰と陽、昼と夜、男と女・・という対極で
成り立っているからだと思うのです。

だから男性が主役タイプの場合は、
わりとスムーズで、
彼らはたとえ外見は美人で華やかに見えても、
内面的には自分の脇役にまわってくれる女性を、
しっかり選んでいます。
経営者、政治家、スポーツ選手などを見ていると
よくわかるでしょう。

ところが女性の場合、
自分が主役タイプであっても、
どこかで脇役タイプになりたい願望があるというか、
はたまた、自分は主役タイプだという自覚がないのか、
「本当の私はそんなに派手じゃないし、みんなの中心にいるわけでもない。
だから、私よりかっこよくて華やかな男性を支える側にまわりたい」
・・と、自分と同じタイプの男性に向かう場合があります。
でも、やっぱりうまくいかない。

かくして、世の中には美人で華があって人気もあるのに、
どうも恋愛運、オトコ運がいまひとつ!
…という人がけっこう多いのです。


なんか、このテーマ、簡単なようで奥深いです。
続きはまたいつか。







この記事のトラックバックURL : http://blog.runaword.jp/trackback/88

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM