JUGEMテーマ:日常

去年の10倍くらい大きくなったミニバラ。五月の花壇の主役です。

 

 

 

コロナウイルスとの戦いは長期戦になると、多くの専門家が言っている。

 

何十年かぶり!に月刊文芸春秋を買ったのだけど、

コロナ禍のあれこれについて、

ネットのニュースを小刻みに見るより、読みごたえがあってよかった。

 

で、長期戦といわれても、人によって時間の長さの捉え方は違う。

 

辛いこと、いやなことに遭遇している時は、時の流れはどうしようもなく遅いし、

楽しいこと、面白いことに夢中になっている時は、あっという間に時が流れる。

 

時間は誰にでも平等なんだけど、

それを長いと思うか短いと思うかは人それぞれだし、

個々にとっても、今日は長くて明日は短い、みたいな受け止め方の差がある。

 

では、長期戦をどう乗り切るか。

 

コップに残っている水の理論はどうだろう。

半分くらいの水を、まだ半分ある…考えるか、もう半分しかない…と考えるか。

例えば来年の立春頃をゴールとしたら、

なんだかんだで発生からもう数ヶ月経っているので

長期戦期間の1/3は過ぎていることになる。

そう考えるとちょっとだけ気分が楽になる。

 

または栄枯盛衰の考え方。

どんなに力をもつ権力者も、やがては衰退し時の流れの中に消えていく。

猛威をふるっているウイルスだって、永遠に今の状態が続くわけではない。

 

要は収束までの時間を、長いなぁ、大変だなぁ、いやだなぁと、

できるだけネガティブに考えないようにして、生きていけたらいいなぁと思う。

 

もちろん、こんな悠長なことを言っていられない方々が

大勢いらっしゃるのも充分承知しております(汗)。

 

 

コロナ禍のせいで環境負荷が減っているのか、

今年はミニバラの花つきがとってもいい。なんだかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM