東京から西へ向かう機内で。大晦日の富士山。

 

JUGEMテーマ:日常

 

新年あけましておめでとうございます。

 

2010年代から2020年代へ。

 

振り返れば、1960年代から1970年代、1980年代へと 

10年区切りで、

社会の出来事も自分のパーソナルな出来事も、

未だ色鮮やかに残っています。

 

それは自分自身が

子どもからティーンへ、そして社会人、母親へと

大きく変化していった時代だったからかもしれません。

 

その後、歳をとって感受性が鈍くなってきたせいか?

2000年代と2010年代の区切りは、

公私ともにあまり強く印象に残っていないのです。

 

今度の区切りはどうでしょう。

 

10年後、もしも元気で生きていられたら、

2020年代はこんな時代だったなぁーと、

きちんと記憶に留めておけるように、

これからの10年の出来事を、十分に味わいたいと思います。

 

できることなら、嬉しい、楽しい記憶が

たくさん残る時代にしたいし、人生にしたいなぁ。

 

そして、10年の区切りも大切ですが、

わたしは12年の周期、

つまり12年前の同じ干支の年のことを

振り返るのも好きです。

 

東洋でも西洋でも「12」という区切りは

様々な思想や運命学に用いられていて、

同じ干支の年って共通点が多いように感じます。

 

自分にあてはめてみると、

12年前、24年前、36年前と、

出産、家族の転職、転居など

その後の人生に大きな影響を及ぼした転機がいくつもありました。

 

…とすると、

12年周期の今年も、

新たな転機が近づいているのかもしれません。

 

次の角を曲がると、初めて見えてくる新しい景色。

 

それを、短絡的に良し悪しで決めつけるのではなく、

新しい景色の中に、自然と溶けこんで馴染んでいく。

そんな自分でいたいな、って思います。

 

さて。

12年前、24年前、長く生きている人なら36年前、48年前!!

あなたにとってどんな年だったか、振り返ってみると、

今年、自分自身に起こりそうな出来事が、

ぼんやりと見えてくるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM