シックで華やかな秋の花束。花風水に詳しいフラワーデザイナーさんの作品。

 

 

台風19号で被害に遭われた皆様に、

心よりお見舞い申し上げます。

 

台風の通過時は、雨戸を閉めた家の中で

どうか無事に通り過ぎて…と祈っていました。

どんなに科学や文明が進歩しても、

自然の猛威の前では、人は祈ることしかできません。

 

今どきの暮らしの中で、「祈る」というのは

古くさいことのように感じるかもしれませんが、

案外、いざという時に人間がとる行動は、

太古の昔も今も変わっていないように思います。

 

 

先日、家族の問題で悩んでいた方からご相談を頂きました。

気分転換の旅と運気アップを兼ねて、

各地のパワースポットを訪ねることが多いそう。

で、たしかにリフレッシュはできるけれども

問題の根本的な解決はできなくて…とのこと。

 

わたしのまわりにも旅が好きな人は多いです。

特に同世代の女性たちは子育てや介護から解放され、

友達やパートナーとあちこち出かけているようです。

 

で、ふと気づいたのは、旅が好きな人たちの共通点。

 

・結婚で実家を出たくらいで、

 ほとんど引越しをせず同じところに定住している。

・若い時からずっと同じ職場、仕事に就いている。

・最初の?結婚相手と別居や離婚などせず、長く結婚生活が続いている。

 もしくは未婚で、子どもの頃からずっと実家に住んでいる。

 

つまり、日常生活そのものが安定していて変化の少ない人ほど、

旅が好き! ってことです。

 

逆をいえば、

 

・進学、就職、転職、転勤などで、

  何度も引越しをしていろんな場所に住んだ経験がある。

・転職回数が多い、または起業、独立している。

・結婚経験はあるが別居や離婚、再婚などを経験している。

 

…と、まあ諸事情で引越し経験が多い人は、

なかなか旅に出るゆとりが持てないのか?

あまり、旅の話で盛り上がることはありません。

 

一時期、方位と気学をかじったことがあり、

人間の運気を根底から変えるには、

短期の旅行ではなく、住む場所そのものを変える

…というのがその気学の理論でした。

方位とりの効果は 当然、旅行<引越し です。

 

場所の移動と気の関係ももちろんですが、

それよりも「退路を断つ」覚悟が、

運気を変えるのではないかと思っています。

 

どんなに遠くに旅に出ても、

帰る家があり、待っている人がいる。

たとえ隣町でも、

誰も知り合いがいない、馴染みのない場所で、

ゼロからスタートする。

 

このふたつの違いは大きいです。

もちろん、旅に出てリフレッシュして、

日頃のストレスや不満をしばし忘れるのは

とてもいいことです。

 

しかし、根本からその不満やストレスと対峙したいならば、

旅よりも引越しをおすすめします。

 

とはいえ、歳をとるほどに引越しは億劫になるし、

経済的、物理的に難しい人も多いでしょう。

 

ちなみに、前述の相談者の方は、

考えた末、実家以外の場所に、

仕事場としての家を借りることになったそうです。

 

その後のお話はまたいつか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のトラックバックURL : http://blog.runaword.jp/trackback/147

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM