JUGEMテーマ:日常

 

「20世紀の恋人」という新書を読んだことがある

自動車部品メーカーの記念誌を制作するにあたって、

車社会の歴史を把握する資料として見つけたのがこの本だ。

 

何ともいえないロマンチックなタイトルは、

20世紀の人々が、自動車にどれほど恋焦がれていたかを表している。

 

特に、最近、免許返上が叫ばれている高齢者たちは

20代の頃からずっと自動車の進化を目のあたりし、その恩恵を受けてきた。

 

振り返れば、昭和40年代以降、車のCMはひたすら格好よくおしゃれなものであり、

特に男性向けの自動車は、加速だとかハンドルさばきだとか、

車の性能の良さがずっとアピールされてきた。

 

しかし、20〜30代の若者の運動能力や判断力があれば

乗りこなせる高性能なスポーツカーを、

運動能力も判断力も衰えた70〜80代の高齢者が乗りこなせるのか?

 

高齢者面免許返上がなかなか進まない背景には、

自動車メーカーや経済界、政界の思惑もあるのではないかと感じる。

なぜならば、日本の高度経済成長=車社会の繁栄を担ってきた中心的な人々(ほとんど男性)が、

経済界、政界で今も多く活躍しているからだ。

 

それでも、これだけ高齢者の運転の危険が表面化してくると、

免許返上とともに、公共交通機関がある場所へと、高齢者の移動が進むのではないか。

 

特に、男性よりも車への執着が少ない女性、

先にご主人を亡くした一人暮らしのおばあちゃんは、

電車やバスの便がいいところ、

自転車や徒歩で生活できるところへと移り住む人が増えるんじゃないか。

 

幸か不幸か男性は女性より寿命が短く、

今後の超高齢化社会は、圧倒的におばあちゃん率が高くなると言われている。

 

各地でシャッター化している駅前商店街は、

いっそのこと、元気なおばあちゃんたちが暮らしやすい町にリニューアルしたらどうだろう。

近未来のおばあちゃんである私も、そういう町が増えたらいいなぁと思う。

 

※もっとも、仕事や生活に車が不可欠な方も多いだろうし、

 社会のインフラとしての車を否定しているわけではありません。

 車を所有しなくても、老後はなんとか生活できるかなと思っている、

 一個人の意見としてお読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のトラックバックURL : http://blog.runaword.jp/trackback/140

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM