JUGEMテーマ:日常

 

一昨日、地域のAMラジオ番組で

キャスターのおふたりを占う企画に出演させていただいた。

もちろん、リハーサルなしの生放送、生占い!

テレビでもラジオでも、占いに台本はありません。

 

で、キャスターさんからの質問のひとつに

「占いを上手に使うコツを知りたい」というのがあって。

 

私なりの考えだが、

日常的に「占い」に触れておくことが大切だと思う。

朝のテレビの星占いでもなんでもいいんだけど、

結果を聞いて『あ、今日はラッキー」、「ふーん、今日はおとなしく過ごそうか…」と

一喜一憂?を毎日繰りかえしていくうちに、

「占い」に対する慣れ、というか客観性みたいなのが育ってくる。

 

すると次のステップとして、

「そうか。最近の私は調子いいから、占いも前向きに受け止めているのかな」

「うーん、ツキがないと言われて落ち込んじゃうのは、もしや心が疲れているから?」と、

「占い」にた対する自分の反応を冷静にとらえられるようになる。

 

ここまでくれば「占い」に振り回されないというか、

どんな大物?や怪しい?占い師に何を言われようと、

ワンクッション置いて、自分にとってベストな受け止め方ができると思う。

 

ま、ここまで到達するにはある程度の時間はかかると思うけど…。

 

 

それにしても今年は吉凶ともにニュースが多い。

平成が30年の歴史に幕を下ろす年だから、かなぁ。

 

昭和は遠くなりにけり…といっていた日はもう遠すぎで

今や、平成も遠くなりにけり…だわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のトラックバックURL : http://blog.runaword.jp/trackback/134

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM