JUGEMテーマ:日常

 

年明け早々、

「高齢者」として括る年齢を現在の65歳から75歳!に引き上げて、

65歳〜75歳を「準高齢者」扱いにするという案が検討されていると、

新聞の一面に載っていた。

要は70歳くらいまで元気に働いて、

自分の面倒は自分でみてね、ってことか。うーん。

 

高齢化は仕方ないとしても、

少子化はなんとか食い止めてほしいと切に願うこの頃。

年末に行政の仕事で、

仕事と育児を両立中の30代ママたちや、

それを支援する40〜50代上司たちを何社か取材した。

高齢親の介護に追われて、

しばらく頭の中がシニアの課題に偏っていたけれど、

久しぶりに30代の働くママたちと接してその頃の自分の姿が重なった。

今年は、若い世代の応援に頭のスイッチを切り替えていきたい。

 

一方、50歳時点で結婚していない人を基準にした生涯未婚率も、

年々高まっているという。

結婚「しなかった」のか「できなかった」のか。

どちらの表現をするかは各々の事情にもよるけれど、

個人的には、結婚は「自転車に乗れる」とか「逆上がりができる」

みたいなもんだと思う。

結局、自転車に乗れなかった、逆上がりができなかった、

でも暮らし向きに特に不便はない…というようなニュアンス。

ちなみに自転車も逆上がりも、

ある程度の年齢までに習得しないとなかなか難しい。

 

生涯独身の人が増えてそれで潤う市場もあるし、

既婚者の離婚や不倫もよくある話なので、

結婚していても、していなくても、どちらにも一長一短がある。

 

ただ、独身を通す人たちや子どものいない人たちが、

何らかのかたちで次の世代を担う子どもたちを、

育てることに関われたらいいんじゃないかなと思う。

 

日本では養子や里子の制度がとてもハードルが高く、

社会的にもあまりポジティブに捉えられていない。

だから、なんとしても自分の子どもをと思う人が多いのだろう。

でも、そればかりにこだわらなくてもいい世の中になったら…。

 

 

新年早々、まとまらない雑感でありました(汗)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のトラックバックURL : http://blog.runaword.jp/trackback/121

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM