桜満開、入学式シーズン。
両親が、この時期に産んでくれたことをうれしく思う誕生日。

けれども今年の気分は花曇り。晴天ではない。
それは、昨年春から同居している実母(90歳)につきあうのに、
ホトホト疲れているからだ。

要支援2のレベル。
身の回り事はできて認知症ではない、身体も特に悪いところはない。
でも、心身ともに高齢化の悪影響が出まくりだ。
若い頃の母の中にもあった、嫌な部分、ダメな部分がどんどん大きく、強くなっている。
ひとこと何か言えば、まったく違う話へと発展して10倍くらい話が続く。
自分と気が合う友人がいない、似合う服がない、部屋の間取りが気に入らない、何かにつけて文句ばかりいう。
テレビと新聞ばかり見ているので、聞きかじりで消化不良の情報を鵜呑みにして繰り返す。
最近通っている病院では、高齢者をちやほや!しないので、それも不満の種である。

高慢で見栄っ張り。そのくせ思慮が浅い母はもともと苦手だった。
だから20代で結婚して実家を出てからは、厄介な母の対応は温厚な父に任せていた。
しかし、その父も昨年亡くなり、90歳目前のひとを一人暮らしというわけにもいかず。
お婿さんでもないのに、同居を受け入れてくれた夫には感謝している。

以前は、デパートなどに一緒に買物に行くのがそんなに嫌ではなかったけれど、
今はもう、1対1の介護サービスだと思って買物に付き合うようになってきた。
車に乗るときは、タクシーのようにいつも後部座席に座るのだが、
耳が遠くなったのか、大声を張り上げてしゃべり続けるので
ラジオや音楽のボリュームを上げて、母の声が聞こえないようにして運転している。

なんでも自分を基準にするので、50代の私や夫を「若いひと」扱いする。
もう50代後半なのだから、いいかげん自分が高齢だと思って生きたい。
いったい、いつまで子どもの役割、娘の役割をやらせれば気が済むのだろう。

ちなみに義母は93歳。施設に入居してはや7年。
認知症は悪化しているが、とりあえず身体は元気。
こちらは近所に住む兄夫婦がサポートしてくれているので、夫と私は何もせずに甘えている。

何がどうなるわけでもなし、
介護で私よりもっと追い込まれているひとはたくさんいるし。

ただ、あと数年、十年たった時に、
こういう思いをするひとが少なくなっているといいなあと思う。
それは、やがて老いていく自分への戒めでもあるのだ。



















 

この記事のトラックバックURL : http://blog.runaword.jp/trackback/112

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM