JUGEMテーマ:日常

2月、3月は
地元のテレビ番組でちょこっと紹介させて頂いたおかげで、
タロット占いの鑑定依頼がとても多かったです。
ご相談にいらしてくださった皆様、ありがとうございました。

相談者のみなさまの年齢、職業、家族構成などは多様で、
今は若い独身女性が恋愛相談、、、というような定型はなく、
若い方が仕事や健康面の相談、シニアの方が恋愛の相談、というのも多いです。

唯一共通点があるとしたら、
ご本人が意識していなかった水面下の課題や悩みが、
カードを介してあれこれお話していくうちに、
ふわーっと浮上してくるということです。

ご自分ではうまく言葉にできないこと、整理できないことを、
カードの力を借りて言葉にし、整理する、のが
占い師としての自分の役割かな、なんて思います。

ただ、中には心のガードが固い、というのかな。
最後までポーカーフェイスで、
お顔に本音が出ない(出さない)方も、たまにいらっしゃいます。
反対に、少しお話しただけで、抑えてきたものが溢れてくるのか、
涙ぐむ方もいらっしゃいます。

一期一会、数十分の対面ではありますが、
見知らぬ私を訪ねてくださる方々との対話、
コンディションを整えて、常にベストな状態で臨むようにしています。

がんばって働いてくれている?カードも
たまには癒してあげないとね。










 

この記事のトラックバックURL : http://blog.runaword.jp/trackback/110

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

1980年代後半から、広告企画、雑誌編集、占い鑑定など、主に文章を書く仕事に携わっています。最近は、医療系の国家資格も活用中。すべての仕事の根底にあるのは、「その人の物語に寄り添う」こと。スピッツの音楽と草花をこよなく愛する日々。
詳しくはこちら

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM